※私が参加した講習は2016年の#25なので、現在は違う可能性があります。

ゼンタングル®認定講師(CZT)講習の申し込みが始まると毎年、「必要な英語力はどれくらいですか?」というご質問をいただきます。ご返答としては、あればあるほど良いのではないでしょうか。普段英語圏で生活しているような方でさえ、「難しかった・分からないところがあった」とおっしゃるくらいです。
ゼンタングル®認定講師(CZT)になるには?

講習に申し込む前からゼンタングル社のYouTube動画を見たり、『Zentangle Primer – Volume 1』を読んでおくととても勉強になると思います。本はどなたでも公式通販から買えます。(追記:近年、講習を申し込んだ時点で「Zentangle Primer」を読んでおくようにとゼンタングル社から指示されるようです)。普段の生活で英語に触れられないなら、講習に申し込む前から英語のクラスに通っておいた方が良いです。授業中に生徒が話す場面はほとんどありませんが、お茶や食事が頻繁にあってその度に英語で話さないといけない状況になります。

講習中に作品を描くこと自体の心配はいりません。リックさんやマリアさんが描いていらっしゃる手元がスクリーンに映されているので、それを見ながら描けば描けます。それでも間違えることはありますが、多少間違えたとしてもゼンタングルに間違いはありませんので問題ありません。描きながら色々と面白くためになるお話があるので、それを聞き取れないのはとてももったいないです。

CZTになった後も英語と無関係ではいられません。CZT用のメールマガジンで色々な情報が送られてきますが英語で書かれています。CZTとしてゼンタングルを教えていると、細かい疑問が色々出てきます。ゼンタングル社に質問のメールをすればすぐに返答をいただけるので、自信を持って人に教えることができます。意外なことが不可だったりするので、珍しいことをするときはメールで確認した方が安心です。

f:id:tanglefan:20180313135551j:plain
↑講習中に配られたプリントです。A4サイズに英文がぎっしりで、基本的に両面印刷です。28枚ありました。ゼンタングル社としてはこれらをもちろん全部理解しているものとして免許を与えているので、理解しないといけません。

CZTの免許はテストや面接があるわけではありません。なので参加しさえすれば免許はとれます。ゼンタングル®が好きで、ただ講習に参加されたかった方ならそれでも大丈夫です。でも日本で教えるとしたらどうでしょう。ゼンタングル®メソッドを理解していないなら、日本で人に教えられません。なので自信を持って教えられるくらいに内容を理解する必要があります。私は自分の解釈を信用していないので、ゼンタングル社から出ている本や授業中に配られたプリントは全て、日本語も十分できるネイティブの方に翻訳してもらいました。費用はかかりますが自分の理解に自信が持てます。

CZTを習得した後は公式サイトにあるCZT用のページを見ることができます。そこにはホワイトだけではなくブラックやルネサンスタイルのクラスのやり方がとても詳しく書いてあります。講習中に配られるプリントにも実際のクラス内容についての記述もありますし、日本に帰国してからゼンタングル®メソッドの教え方の復習をすることができます。

f:id:tanglefan:20180313145136j:plain

私が参加した#25は、日本人の参加は私一人でした。「よく一人で参加しましたね」と言われることもあるのですが、それについて特別不安はありませんでした。もし日本人の方がいらしたとしても、日本人同士群れるのは嫌いな方かもしれません。他のCZTの方に講習のときのお話を伺うと、講習中は日本人と一切接触しない日本人の方もいらしたそうです。せっかく海外の方とコミュニケーションできる機会なのですから、そちらを優先するんですね。

あと私は最近まで知らなかったのですが、英語が結構できる日本人の方であっても、頭を英語モードと日本語モードに瞬時には切り替えられない方もいらっしゃるそうです。そういう方は講習中は英語モードでいたいでしょうから、度々日本人に日本語で話しかけられたら困るでしょうね。

f:id:tanglefan:20180313135507j:plain

以前はCZTになるにはアメリカのプロビデンスで行われる講習に参加するしかありませんでした。でも今は台湾や中国でCZT ASIAの免許もとれます。CZT ASIAは講義が中国語で講師はCZTです。リックさんとマリアさんはいらっしゃいません。私は中国語が全くできませんしリックさんとマリアさんに教わりたかったので、プロビデンスでのゼンタングル認定講師(CZT)講習を選びました。

東京周辺でゼンタングルのクラス(基本、ZIA)を開いています。
 芳野かえ東京開催ゼンタングル教室